HOME>記事一覧>血清を使用していない培地が人気のある理由

培地に使用されていた血清

男女

細胞を培養するための培地は、さまざまな方法で製造されたものが販売されています。その中でも最近人気があるのが、培地を作るために血清を使用していないタイプの製品です。血清とは血液の中に含まれている成分のことで、血漿からフィブリノゲンを除去したものが血清です。薄い黄色の透明な液体で、培地を作る時にはよく使用されていたものです。ですが、血清を全く使用しないでも培地を作ることができる技術も開発されています。こうした技術で作られているのが無血清培地です。

価格の安さ

研究

血清を使用しないで作られる無血清培地が人気である理由の一つが、血清を使用して作る培地よりも価格が安いことです。低価格で販売できるのは、価格が高額な血清を使用しないで製造しているからです。

細胞が培養しやすい

無血清培地は細胞が培養しやすいことでも人気があります。血清を使用していない培地の方が細胞を培養しやすいのは、血清の中には、細胞を培養するために不適切な成分が含まれています。血清の中に含まれている成分の中でも特に細胞の影響を与えやすいのがタンパク質です。血清の中には非常に多くの種類のタンパク質が存在して、その数は数百種類にもなります。これらのタンパク質の中には詳細がよくわかっていない成分も多く含まれているため、細胞の培養がしにくくなる場合があります。ですが、無血清培地ならばこうしたタンパク質も含まれていないため、細胞の培養により向いています。

広告募集中