HOME>アーカイブ>間葉系幹細胞用の無血清培地とは何か知っておきましょう

間葉系幹細胞用の無血清培地について

間葉系幹細胞は生体組織から分離できる移植用幹細胞として注目され、この細胞培養を目的とした無結成培地は幹細胞研究に有用です。

無血清培地と関連のある主な企業一覧

  • 株式会社 樋口商会 無菌検査用培地の取り扱い
  • 栄研化学 医薬品、試薬、医療 検査のパイオニア
  • JNC 微生物検査用シート培地 サニ太くんブランド
  • 株式会社エルメックス 微生物検査用装置、試薬
  • 日研生物 臨床検査用、美声部検査用培地の製造販売 
  • 関東化学株式会社 試薬・薬品原料、臨床検査事業
  • 日本ベクトン・ディッキンソン株式会社 医薬品
  • 株式会社タニモト 細菌検査用 培地事業
  • コージンバイオ株式会社 組織培養培地
  • 極東製薬工業株式会社 臨床検査、細胞培養

不純物を含まずに細胞培養できる

男性

無血清培地とは、血清を含まずに動物の細胞を培養するために必要な物で、血清を含んでいると難しかった増殖性能・生産性など多数の利用が可能です。細胞腫によって使い分けられるようさまざまな種類が開発され、現在多数販売されるようになりました。無血清培地を利用するメリットは、血清の中にある道の成分などが培養したい成分と混ざり合ってしまうリスクを回避できることです。増殖因子などの成分を補うために血清を添加する必要がなく、純粋に培養したい細胞だけを培養することができます。また、培養したい細胞機能の正確な評価や、より明確な組成を理解することが可能となるのも、メリットの一つです。細胞伝達物質を調べたいなど、正確な情報を得て研究に役立てたいと考えている人におすすめできる培地となります。

適切な培地を選ぶために必要な選択肢

研究器具

一口に無血清培地といっても、種類が豊富に存在しているため、自分の研究に適切な培地を選んで利用することが満足できる結果につながります。細胞をたくさん増殖させて生産性の向上や細胞生存率を高めたいと考えているのであれば、適切な物を選ぶことが重要です。

広告募集中