無血清培地とは?

細胞培養用の培地で、血清を含まずとも細胞培養を可能とするもの。動物血清を使用した場合の問題を回避できるのが特徴です。

無血清培地がよく使われている場所ランキング

no.1

骨 無血清培地で使われる場所1

骨を壊す破骨細胞の研究のため、無血清培地を用いてラット骨髄細胞から破骨細胞を分化培養。

no.2

軟骨 無血清培地で使われる場所2

ヒト間葉系幹細胞用無血清培地からヒト軟骨細胞の無血清培養方法や無血清培地を提供する研究。

no.3

靭帯 無血清培地で使われる場所3

骨髄などの生体組織から大きな苦痛なしに、ヒト間葉系幹細胞を分離でき靭帯を無血清培地で培養。

no.4

筋肉 無血清培地で使われる場所4

体性幹細胞のひとつであるヒト間葉系幹細胞は、骨、軟骨、靭帯などと同様に無血清培養される。

no.5

脂肪 無血清培地で使われる場所5

脂肪由来の幹細胞用の無血清培地が研究に使われている。さまざまな問題やリスクを回避できます。

男性

毒によって体に異常をきたすときの治療に

自然界にある物質で、人間の体内に入ると悪い様々な影響を与える物を毒と総称します。そんな毒の中でも、ハブなどの毒蛇が持つ神経毒やスズメバチを代表するような細胞組織を壊す毒が入り込むと命にかかわります。そういった人体に即効性で悪影響を及ぼすような毒が侵入してしまった場合には、すぐに医療機関では入り込んだ独の種類を調べたうえで適切な処置を行います。その処置の方法として医療機関で行われる方法の一つが、血液に無血清培地を投与することです。無血清培地は、従来の結成とは違う方法で作られた血清剤のことです。血清の役割は、血液の中に入り込んでしまった毒を中和する役目があります。この無血清培地を毒が侵入して間もない段階で投与することによって、臓器に多大な影響を与える前に無効化ができるので命に係わるリスクを軽減できます。

人体の影響が少ない

もちろん薬ということに変わりないので、個人差がありますが投与した部分が赤くはれるなど副作用はあります。しかし無血清培地のメリットとして、従来の血清と違い命に係わる副作用を起こさないことです。この無血清培地ができる前の血清は、豚や馬の血液から細胞から抽出して作っていた歴史があります。この方法で確かに助かった命はたくさんあるのですが、豚や馬の血液には人体に合わない不純物も多く強い副作用が出るケースもあったわけです。無血清培地はそういった豚や馬の血液を使わないで作るため、強い副作用に悩まずに安全に使えるようになっています。

長方形バナー2

正方形バナー1

TOPテキストリンク1

TOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンク1

TOPテキストリンク2

TOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンク2

TOPテキストリンク3

TOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンク3

TOPテキストリンク4

TOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンク4

TOPテキストリンク5

TOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンク5

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中